秘書の仕事

秘書、というのは、よく聞く仕事の種類の一つです。
ただ、一口に秘書といっても、その仕事内容というのは実は多岐にわたっています。
まず、一般的にいう所の秘書というのが、何をする人のことなのか、ということについて紹介します。
秘書というのは、自分の上司に当たる人の書類上の手続きなどを担当する人のことを指しています。
これだけだと具体性にかけていますが、要するに「対象となる人が仕事をしやすいようにサポートをする」というのが主な仕事であると考えて頂ければ良いでしょう。
その為にやるべき内容というのが幅広く、職場ごとに違っている、というのが重要なポイントです。

基本的な秘書の仕事としては、「身の回りの世話」や「メール・電話の管理」「スケジュールの調整」などが含まれます。
この他にも、出張などの際の移動手段の調整や、来客の取次なども仕事の内容に含まれる事があります。
英語でいう所の秘書は「セクレタリー」と訳されることが多いですが、日本の場合の秘書の仕事内容はアメリカにおける「セクレタリー」とは違っており、さらに幅が広い内容となっています。
そのため、英語で正しく秘書のことを表現するのであれば「アシスタント」の方が近い、という指摘もあります。
さて、そんな秘書についてですが、さらに細かい分類をすることも可能です。
そこでこの先では、仕事内容から見る「秘書の種類」についてより詳しく紹介します。
秘書という仕事について知ってみましょう。



〈SPECIAL LINK〉
ホスピタリティの高い秘書による電話代行サービスのサイトです ・・・ 電話代行サービス

Copyright © 2014 勤め先によって違う?秘書ってどんな仕事? All Rights Reserved.